三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラス
三井住友VISAデビュープラスの申し込み
  • 18歳~25歳の人しかもてない年齢制限のあるカード
  • 初年度年会費1,312円が無料(年に1回のカード利用で翌年も無料!)
  • ポイントはいつでも2倍(還元率1%)!入会後3ヶ月は5倍!
  • ポイントアップモールを使えば、更にポイントが2~20倍!
  • 最短3営業日で発行可能
  • ETCカードは年会費525円(初年度無料・年1回の利用で翌年も無料!)
ココがポイント

18歳~25歳の人しか持つことができない年齢制限のある三井住友VISAブランドのクレジットカードです。ポイント付加率がかなり優遇されていて、一般のカードと比べるとポイント付加率が基本2倍(1,000円=2ポイント)になっています(基本還元率1%!)。 入会から3ヶ月間は5倍となっています。

年会費は、本カード、ETCカード共に初年度が無料で、翌年以降も年に1回の利用で無料になります。

総合力チャート
人気指数
使いやすさ
お得度数

キャンペーン情報

2014年3月31日までに新規入会で、もれなくVJAギフトカードを2,000円分プレゼント。
その他にもキャンペーンがあり、最大でVJAギフトカードを4,000円分プレゼントされます!

三井住友VISAデビュープラスはテレビCMでバンバンやってるので名前を聞いたことが多いと思います。
このカードは知名度バツグンの三井住友VISAカードが、学生、新社会人をターゲットにして発行しているカードで、発行対象年齢を18歳~25歳の人に限定しています。この年齢以外の人は持つことができません。

18~25歳との人は検討する価値が大アリ

なぜなら、初年度年会費が無料(年に1回のカード利用で翌年も無料、つまり、実質年会費無料)というのはもちろんですが、上位の三井住友VISAクラシックカード(一般カード)と比べてポイント付与率が2倍に設計されているからです。後述しますが、入会から3ヶ月間はポイント5倍です!

三井住友VISAクラシックカードは「1,000円=1ポイント」の付与率なのに対して、このデビュープラスは「1,000円=2ポイント」という設計です。貯まったポイントはいろんなものに交換できるのですが、いちばん使いやすいのは「現金相当物」ですよね。

キャッシュバック、電子マネーiD、商品券あたりが使い勝手が良いと思います。

三井住友VISAデビュープラスのポイント還元率

交換レートがいちばん良いのは電子マネーiDで、200ポイント=1,000円の価値で交換できます。
この場合、ポイント還元率は1%となりかなりの高還元率になります。

次に、商品券はどうかというと、デビュープラスの場合は、1,100ポイント=5,000円分の商品券と交換できます。還元率は約0.9%になり、これもまぁまぁの数字です。

キャッシュバックだとレートが悪くなって200ポイント=600円での交換になります(還元率0.6%)

これだけ見ると普通のカードになるのですが、付加されるポイントが倍増する三井住友カードの「ポイントUPモール」を使うとポイントがバシバシ貯まります。 ポイントUPモールというのは、三井住友VISAカードの会員専用サービスで、ここを一度経由してからショッピングをするだけでポイントが2~20倍付くという超お得なポイント倍増モールです。

このポイントUPモール、参加しているのショップがすばらしく使えます。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、アマゾンがこのポイントアップモールに加盟しています。ポイント付加率は2倍です。この3つがあれば、ネットショッピングの95%くらいカバーできちゃいますよね。

これらをメインに使うという人であれば、モール経由でポイントが2倍になるので、1,000円で4ポイント貯まるということになってしまいます(笑)

ネットショッピングだけじゃありません。
「お店でショッピング」を見てもらうとわかりますが、タカシマヤ、大丸、松坂屋、東急ハンズ、紳士服のはるやま、三井アウトレットパーク木更津、ノジマ、白木屋、笑笑などでもポイントが倍増します。しかも3倍~5倍です!

これは本当に使えるサービスなので利用しない手はありません。
ポイントアップモールを駆使すればポイントが貯まる速度は、文字どおり倍増です。

また、先ほどチラッと書きましたが、
デビュープラスは入会後3ヶ月間は無条件でポイント5倍(1,000円=5ポイント)になります。

これとポイントアップモールの合わせ技を使うととんでもないことになります。
是非うまく使ってください。

ANAマイルにも移行できる

マイルの移行はANAに限られますが、1ポイント=3マイルで交換できます。
ANAマイルを貯めている方も選択肢に入れてみてください。

最短3営業日でカード発行できる

急ぎの方にうれしいサービスです。
早く発行してもらうのに必要なのは、カード利用分の引き落としされる銀行口座を申し込みの時に終わらせる事です。これを三井住友カードでは「オンライン口座振替(らくらく発行)」と呼んでいます。

らくらく発行は対象となる銀行が指定されているのですが、都市銀行だと三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行が対象になっています。地方銀行もかなりたくさんの銀行が指定銀行になっているので困ることはないでしょう。らくらく発行の対象銀行はこちらで確認してください。

これはキッチリやっておきたいところですね。

もしネットで完結させておかないと、引き落とし口座の用紙が送られてきて、記入して、返送して・・・やっとカード発行となり時間がかかります。

満26歳になったらどうなるの?

冒頭でも書きましたが、デビュープラスは18歳~25歳限定で発行しているクレジットカードです。26歳の誕生日がきたらこのカードを持つ資格がなくなってしまいます。

この時どうなるか?というと、三井住友プライムゴールドカード(20代専用のゴールドカード:年会費5,250円、初年度無料)に更新されます。
若者向けのステータス性のあるゴールドカードに自動的に更新されるので、将来はゴールドカードが欲しいなという人にはメチャクチャうれしい切り替えと考えて良いと思います。

逆に、ゴールドカードはいらない、年会費払うのイヤだという人は、一般カードの三井住友VISAクラシックカードへ切り替えすることも可能です。もちろん解約も可能です。

26歳を過ぎて切り替えの時期が来たときにじっくり考えて判断すれば良いのではないでしょうか。

ETCカードのは年会費525円(初年度無料)、
1年間に1回以上ETC利用があれば翌年も無料!

ETCカードは年会費525円(初年度無料)となっていますが、
翌年以降も年に1回でもETCカードを使えば無料になります。

なので、ETCを使う事を目的としているなら実質無料と言って良いと思います。

まとめ

三井住友VISAデビュープラスは18歳~25歳の人だけが持てる年齢制限があるカードです。年会費は1,312円(初年度無料)ですが、前年1回以上のカード利用で翌年も年会費無料になるので実質的には年会費無料のカードです。

ポイント付加率も三井住友VISAカードの一般カードである「三井住友VISAクラシックカード」と比べて2倍の1,000円=2ポイント(さらに、入会後3ヶ月間はポイント5倍、1,000円=5ポイント)という優良設計です。

そして、さらに、ポイントが倍増する「ポイントアップモール」を利用すると2~20倍のポイントが付きます。ポイントアップモールには楽天市場、Yahoo!ショッピング、アマゾンなどが加盟しているので利用価値はめちゃくちゃあります。

ETCカードは年会費が525円(初年度無料)ですが、これも年1回のETC利用で翌年は無料になります。

これらの事を総合的に考えても、
対象になる人にはとってもお得な設計になっているのでオススメのカードと言えます。

今18歳~25歳で、お得なクレジットカード、ETCカードが欲しいという人は検討に値する価値のあるカードです!

カード名 三井住友VISAデビュープラス
提携カード visa
入会金 無料
年会費 1,312円(初年度無料)
年に1回のカード利用で翌年も無料
発行期間 最短3営業日
申込み資格 満18歳~25歳までの方
高校生は除く。未成年の方は親権者の同意が必要。
担保・保証人 不要
利用限度額 10~80万円(学生10~30万円)
支払い方式 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
ETCカード 年会費525円(初年度無料)
※ 1年間に1回以上ETC利用があれば翌年も無料