一体型と専用カードどちらが使いやすい?

ETCカードには「専用カード」「一体型カード」の2タイプがあります。

専用カード

有料道路のETCによる通行料金を精算するためのカード。
ショッピングなどでは利用することはできません。

一体型カード

クレジットカード機能が付いているカード。
有料道路以外にショッピングなどでも利用することができます。

では、この2つのタイプをどうやって選ぶべきか?

専用カードは、常に車載器にETCカードをセットしておき、有料道路のためだけにしようできれば良いと考えている人にオススメです。

いちいちカードをセットするという手間がかからないので、非常に楽ですし、「ETCカードを忘れちゃった」という心配もなくなります。

が・・・それでも私は一体型カードをオススメします。

なぜなら、ETCカードを有料道路のためだけに使用するというのは、もったいないから。

例えば、一体型であればENEOSカードではガソリン代が値引きされます。また、楽天カードであれば、楽天市場の買い物で100円=2ポイントも貯まります。

多少の手間を考えても、一体型を選んだほうが確実にお得なのです。

このようなことから、カードのタイプを選ぶときには以下の基準で選ぶと良いでしょう。

専用カード ・常に車載器に設置したままにしたい
・ETCカードは有料道路の支払いだけに使いたい
・事情によりクレジットカードの審査を受けられない
一体型カード ・ショッピングなどでもポイントを貯めたい
・ガソリン代を値引きしたい(カードによる)
・車内の盗難が不安なので常にカードは車載器から抜きたい

あなたにとって使いやすいタイプを選び、より快適なドライブを楽しんでください。